検査の説明

◆ファイバースコープ検査

耳・鼻・のどをファイバースコープで詳しく観察して画像を撮影し、モニターで病変を見て頂きます。

当院のファイバースコープはとても細いタイプのものなので、苦痛なく検査を行うことができます。

◆聴力検査

難聴の程度を確認するため、聴力検査室で音が聞こえている時だけボタンを押す検査です。

閉所恐怖症の方は、聴力検査室の扉を開けた状態でも検査できます。

メニエール病などめまいの病気では、難聴の自覚がなくても聞こえが悪くなっていることがあるので、この検査を行います。

◆眼振検査

赤外線カメラで目の動きを見てめまいの原因を推定します。

目の前が暗くなりますが、モニターで目の動きを見ていますので、目を開けておいて下さい。

頭や姿勢を変化させて目の動き(眼振)を観察します。

◆重心動揺検査

体の揺れの大きさや方向などからめまいの原因を推定します。

重心動揺計の上に立っていただき、目を開けた状態と目を閉じた状態で検査します。

◆超音波検査(エコー)

レントゲンやCTを撮らなくても、人体が被ばくすることがない超音波で甲状腺や首のしこりを詳しくみることができます。

ゼリーを塗って超音波が伝わりやすくします。

◆血液検査

アレルギーの原因物質の検査、扁桃炎やリンパ節炎などの炎症の評価、甲状腺のホルモン検査などで行います。

◆アプノモニター

眠っている間にいびきや無呼吸がおこる睡眠時無呼吸症候群の簡易検査です。

CPAP(持続陽圧呼吸療法)の適応であれば、当院で治療可能です。